単行本 標準サイズ(絹)セパレート式ブックカバー(2022年式先行販売) ht065 | こきあん工房ー反物と和紙で作る和風雑貨のお店ー

1/10

単行本 標準サイズ(絹)セパレート式ブックカバー(2022年式先行販売) ht065

¥3,000 tax included

SOLD OUT

Shipping fee is not included. More information.

※こきあん工房の単行本(標準)は高さが189mm~195mmまでの単行本に対応しています。

「本の羽織2022」は上質の反物(古布や着物リサイクルではありません)と和紙を使い、伝統表装の技術で作製したブックカバーです。

フリーサイズのブックカバーで、セパレートする片側の袋部分(片袖)の挿し込み具合で厚さの調整ができます。

【サイズ】単行本なら高さ189mm~195mm、表紙周り280mm~320mmの単行本に対応。
※単行本は表紙のサイズが本によってかなり異なるため、本の「厚さ」のみでは無く、「表紙周り」のサイズを基準にブックカバーをお買い求めください。

【素材】正絹・和紙(レーヨン入り)

【注意事項】
※大きい反物を裁断して使うため、裁断場所により柄の位置、見え方は写真の見本と異なります。
※この商品は表装仕上げです。水没や洗濯、その他大量の水分がかかる環境はお避け下さい。
※ホームページを見る環境により写真の色味が変わって見える事があります。
※写真に写っている本などの小物は撮影用の見本です。商品には含まれません。


【本の羽織の特性】
★折る方式のフリーサイズと違い、しわにならず、本を入れた時の見た目が段違いの美しさです。

★掛軸(かけじく)、屏風(びょうぶ)、襖(ふすま)などに使われる日本の伝統技術です。

★縫い目が無く、布が「しわ」にならないので、見た目の美しさと絹の手触りの良さが特徴です。

★表面は布ですが、表装仕立てで和紙と組み合わせ、本を入れなくても自立できるほどしっかりとしたつくりで、布がズレたりしません。

★紙と布が密着しているため、破れたりはせず、縫っていないとは思えないほど丈夫です。


★★★この商品は2022年に全面的に改良された新方式で作製されています。★★★

【「本の羽織2022」主な改良点】
☆折り方の変更により丈夫さがアップしました
☆糊付け位置の改良により立体的な造形になり、手触りが更に向上しました
☆しおり やメモなどを挟める差し込みが付きました(簡易的な物なのでカードや現金など貴重品は挟まないでください)
☆和紙の部分が内側になり、生地部分が増えて耐久性が上がりました
☆設計の見直しでコンパクトになり、より本にピッタリのサイズ感になりました

Add to Like via app
  • Reviews

    (16)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥3,000 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    その他の商品